Kochi University Digital Repository for Academic Resources Kochi University
 

Kochi University Repository >
00   高知大学 Kochi University >
011-1 高知大学学術研究報告 人文科学編   1(1951)-57(2008) >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10126/78

タイトル: きめの密度勾配を用いたML錯視に関する遠近法説の検討実験 : 内向・H型・外向図形に関して
その他のタイトル: An Examination of the Perspective Theory on the ML Illusion : On the ML Figures (Wings-in, H Type and Wings-out) with the Texture Density Gradient Patterns
著者: 浜口, 惠治
Hamaguchi, Keiji
雑誌名: 高知大学学術研究報告 人文科学編
発行日: 31-Dec-2004
出版者: 高知大学
シリーズ番号/レポート番号: 53
URI: http://hdl.handle.net/10126/78
出現コレクション:011-1 高知大学学術研究報告 人文科学編   1(1951)-57(2008)

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズファーマット
KJ00004123462.pdf701.8 kBAdobe PDF見る/開く

このリポジトリに保管されているアイテムは、他に指定されている場合を除き、著作権により保護されています。

 

高知大学学術情報基盤図書館 - ご意見をお寄せください