Kochi University Digital Repository for Academic Resources Kochi University
 

Kochi University Repository >
00   高知大学 Kochi University >
011-3 高知大学学術研究報告 自然科学編  1(1951)-57(2008) >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10126/636

タイトル: 漸増負荷法と固定負荷法から求めた換気性閾値の比較
その他のタイトル: Relationship between ventilatory threshold during incremental load test and constant load test
著者: 駒井,説夫
本間,聖康
白石,龍生
上林,久雄
Komai,Setsuo
Honma,kiyoyasu
Shiraisi,Tatsuo
Kambayashi,Hisao
雑誌名: 高知大学学術研究報告 自然科学編
発行日: 27-Dec-1990
出版者: 高知大学
URI: http://hdl.handle.net/10126/636
出現コレクション:011-3 高知大学学術研究報告 自然科学編  1(1951)-57(2008)

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズファーマット
N039-03.pdf1.09 MBAdobe PDF見る/開く

このリポジトリに保管されているアイテムは、他に指定されている場合を除き、著作権により保護されています。

 

高知大学学術情報基盤図書館 - ご意見をお寄せください