Kochi University Digital Repository for Academic Resources Kochi University
 

Kochi University Repository >
20  教育学 Education >
01 高知大学教育学部研究報告  66(2006),69(2009)- >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10126/6264

タイトル: 理科の観察・実験場面における動機づけモデルに関する基礎的研究(II) -中学生と高校生の発達差の調整効果-
その他のタイトル: A Basic Study on Motivational Model in Science Observations and Experiments (II) -The Moderator Effects of developmental changes-
著者: 長尾, 隆広
足達, 慶暢
岡村, 華江
鈴木, 達也
草場, 実
NAGAO, Takahiro
ADACHI, Ycshikado
OKAMURA, Hanae
SUZUKI, Tatsuya
KUSABA, Miooru
雑誌名: 高知大学教育学部研究報告
発行日: Mar-2017
出版者: 高知大学教育学部
URI: http://hdl.handle.net/10126/6264
出現コレクション:01 高知大学教育学部研究報告  66(2006),69(2009)-

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズファーマット
bfeku77-11.pdf6.81 MBAdobe PDF見る/開く

このリポジトリに保管されているアイテムは、他に指定されている場合を除き、著作権により保護されています。

 

高知大学学術情報基盤図書館 - ご意見をお寄せください