Kochi University Digital Repository for Academic Resources Kochi University
 

Kochi University Repository >
70  大学院 Graduate School  >
01 黒潮圏科学=Kuroshio Science   1(2007)- >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10126/5136

タイトル: 造礁性イシサンゴ染色体研究
著者: 田口, 尚弘
キーワード: 造礁性サンゴ
染色体
FISH
核型
エンタクミドリイシ
雑誌名: 黒潮圏科学
発行日: 26-Mar-2013
出版者: 高知大学大学院総合人間自然科学研究科黒潮圏総合科学専攻黒潮圏科学編集委員会
抄録: 造礁性サンゴ(イシサンゴ)の分子データは文献的にも急速に蓄積されつつあるが、その染色体については、ほとんど情報がない。染色体核型を調べることで相当の情報が得られる;例えば、形態学的に分化する性染色体の有無で多くの場合性決定がなされること、異なる種で染色体を比較することでこれらの生物の体制と進化について推測できること、またサンゴの進化の歴史や後生動物のこのグループのゲノム進化を形作る構造変化の理解を深めることができる。そこで、イシサンゴの一種であ るエンタクミドリイシを使って分子細胞遺伝学的な手法である蛍光インサイチューハイブリダイゼーション(FISH)法で解析した。その結果、サンゴの暫定核型を提示および染色体数が30本であることを突き止めた。また、rRNA遺伝子のマッピング、テロメアーとセントロメアーの可視化に成功し、さらに性染色体の存在の可能性を示した。
URI: http://hdl.handle.net/10126/5136
出現コレクション:01 黒潮圏科学=Kuroshio Science   1(2007)-

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズファーマット
6.2.taguchi.pdf1.11 MBAdobe PDF見る/開く

このリポジトリに保管されているアイテムは、他に指定されている場合を除き、著作権により保護されています。

 

高知大学学術情報基盤図書館 - ご意見をお寄せください