Kochi University Digital Repository for Academic Resources Kochi University
 

Kochi University Repository >
70  大学院 Graduate School  >
01 黒潮圏科学=Kuroshio Science   1(2007)- >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10126/5133

タイトル: 高知県新荘川においてニホンカワウソの存続に影響を与えた要因
著者: 佐藤, 大紀
加藤, 元海
キーワード: 河川環境
新荘川
絶滅危惧種
ニホンカワウソ
保全生態学
雑誌名: 黒潮圏科学
発行日: 26-Mar-2013
出版者: 高知大学大学院総合人間自然科学研究科黒潮圏総合科学専攻黒潮圏科学編集委員会
抄録:  ニホンカワウソは、生息範囲が山から川、そして海に至るまで広く、生態系において上位捕食者に位置することから保全生態学的に重要な種である。日本で最後にニホンカワウソが確認された高知県の新荘川を対象に、生態学的な観点から現在と過去の河川環境を調べた。現在の河川環境に関しては、源流域から河口域に至る流程の8地点で河川地形や水質などの物理化学的環境、付着藻類や底生動物などの生物相の調査を行なった。過去の河川環境に関しては、文献調査と聞き込み調査を行なっ た。現在の河川環境は、上流域から下流域にかけて物理化学的環境と生物相に関して、流程に沿った顕著な変化の傾向はみられなかった。水質に関しては、過去から現在にかけてはわずかであるが改善する傾向にあり、水質の悪化がカワウソ絶滅の直接の要因ではなかったことが示唆される。明治初期から昭和初期にかけて乱獲で個体数が減少し、河川内にある堰の改修で主要な餌である魚類が減少した。河川周辺の植林やハウス栽培が原因で、水量が減少しさらなる魚類の減少をもたらした。乱獲に加え、1960年代以降、河川内改修や周辺環境の変化の人為的な3つの要因が重複したことがニホンカワウソの生息環境の著しい劣化を招き、1973年頃の気象災害による巣の破壊が新荘川からニホンカワウソの姿を消した決定的な要因と考えられる。
URI: http://hdl.handle.net/10126/5133
出現コレクション:01 黒潮圏科学=Kuroshio Science   1(2007)-

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズファーマット
6.2.sato.pdf1.52 MBAdobe PDF見る/開く

このリポジトリに保管されているアイテムは、他に指定されている場合を除き、著作権により保護されています。

 

高知大学学術情報基盤図書館 - ご意見をお寄せください