Kochi University Digital Repository for Academic Resources Kochi University
 

Kochi University Repository >
70  大学院 Graduate School  >
01 黒潮圏科学=Kuroshio Science   1(2007)- >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10126/4923

タイトル: 東日本大震災時の気象 -主として仙台平野の場合-
その他のタイトル: The weather at the time of the East Japan great earthquake didaster -Mainly in the case of Sendai plains-
著者: 千葉, 修
小林, 文明
金田, 昌樹
Chiba, Osamu
Kobayashi, Fumiaki
Kaneda, Masaki
キーワード: 津波に伴う風
震災時の気象
仙台平野
あおり風
Wether at the time of the earthquake disaster
Wind with the tsunami
Sendai plain
Fanned wind "Aori kaze"
雑誌名: 黒潮圏科学
発行日: 25-Mar-2012
出版者: 高知大学大学院総合人間自然科学研究科黒潮圏総合科学専攻黒潮圏科学編集委員会
抄録: To survey the weather at the time of the 2011 off the Pacific coast of Tohoku Earthquake occurred on 11 March,2011, meteorological data were used for analysis. In particular, we examined the influence that the massive tsunami that came in the Sendai plains gave the atmosphere, based on AMEDAS data of the East Japan in addition to the weather data at 10-second intervals of the Sendai district meteorological observatory. As a result, the southeastern wind blown in the coast of inland (Natori, Watari) from Sendai Bay is more likely to be wind with the tsunamis.
URI: http://hdl.handle.net/10126/4923
出現コレクション:01 黒潮圏科学=Kuroshio Science   1(2007)-

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズファーマット
kuroshio5-2chiba.pdf1.92 MBAdobe PDF見る/開く

このリポジトリに保管されているアイテムは、他に指定されている場合を除き、著作権により保護されています。

 

高知大学学術情報基盤図書館 - ご意見をお寄せください