Kochi University Digital Repository for Academic Resources Kochi University
 

Kochi University Repository >
70  大学院 Graduate School  >
01 黒潮圏科学=Kuroshio Science   1(2007)- >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10126/4815

タイトル: 汀線付近転石域に出現するマダイ稚魚のなわばりと摂食生態
著者: 富岡, 健太
大前, 信輔
阿部, 文彦
山岡, 耕作
キーワード: 汀線付近転石域
天然マダイ稚魚
なわばり
摂食行動
雑誌名: 黒潮圏科学
発行日: 16-Mar-2011
出版者: 高知大学大学院総合人間自然科学研究科黒潮圏総合科学専攻黒潮圏科学編集委員会
抄録:  愛媛県南宇和郡愛南町室手湾に於いて、2003年5月末から10月まで、汀線付近転石域に出現するマダイ稚魚がなわばりを有するか否かについて調査した。マダイ稚魚には底層遊泳型個体、中層遊泳型個体、群がり形成個体の3型が観察され、微生息場所、摂食行動、定住性に関しての差異が認められた。底層遊泳型個体には定住性が見られ、その行動圏内を同種及び他種から防衛する排他行動が観察された。行動圏内で頻繁に摂食行動も認められ、汀線付近転石域に生息する底層遊泳型個体のマダイ稚魚は、行動圏内に採食なわばりを有することが明らかとなった。これらの知見は、今後マダイの人工種苗放流を陸上から簡便に行う方法の開発につながる。
URI: http://hdl.handle.net/10126/4815
出現コレクション:01 黒潮圏科学=Kuroshio Science   1(2007)-

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズファーマット
kuro4-2.159.pdf1.13 MBAdobe PDF見る/開く

このリポジトリに保管されているアイテムは、他に指定されている場合を除き、著作権により保護されています。

 

高知大学学術情報基盤図書館 - ご意見をお寄せください