Kochi University Digital Repository for Academic Resources Kochi University
 

Kochi University Repository >
91  総合教育センター General Education Center >
01 高知大学総合教育センター修学・留学生支援部門紀要  1(2005)-5(2011) >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10126/4609

タイトル: [研究・調査報告]アスペルガー症候群の思春期以降の症状と対応
その他のタイトル: [Research Reports]The symptom and supports of children and youth with asperger syndorome
著者: ギルバーグ, クリストファー
是永, かな子
Gillberg, Christopher
Korenaga, Kanako
キーワード: アスペルガー症候群
思春期
症状
対応
高知発達障害研究プロジェクト
雑誌名: 高知大学総合教育センター修学・留学生支援部門紀要
発行日: Mar-2010
出版者: 高知大学総合教育センター修学・留学生支援部門紀要編集委員会
抄録: 2009年10月8日に高知発達障害研究プロジェクト主催で高知県において行われたスウェーデン・イェーテボリ大学のクリストファー・ギルバーグ教授の講演内容を紹介する。内容はアスペルガー症候群についての診断と定義、有病率、他の障害との重複や併存、妥当性や信頼性、神経心理学的、神経生理学的、そして遺伝的特徴、転帰、検査、遺伝、介入等である。
URI: http://hdl.handle.net/10126/4609
出現コレクション:01 高知大学総合教育センター修学・留学生支援部門紀要  1(2005)-5(2011)

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズファーマット
ryugaku04-097.pdf1.06 MBAdobe PDF見る/開く

このリポジトリに保管されているアイテムは、他に指定されている場合を除き、著作権により保護されています。

 

高知大学学術情報基盤図書館 - ご意見をお寄せください