Kochi University Digital Repository for Academic Resources Kochi University
 

Kochi University Repository >
30  理学 Studies of Science >
30A 学術論文 Journal Article >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10126/4577

タイトル: ニオガイ科二枚貝の機能形態と穿孔基質の関係
その他のタイトル: The relationship between functional shell morphology and nature of the bored substratum in the family Pholadidae (Bivalvia)
著者: 田島, 知幸
近藤, 康生
Tajima, Tomoyuki
Kondo, Yasuo
キーワード: Bivalve
Pholadidae
Teredinidae
mechanical boring
functional morphology
雑誌名: 化石
発行日: 20-Mar-2003
出版者: 日本古生物学会
URI: http://hdl.handle.net/10126/4577
出現コレクション:30A 学術論文 Journal Article

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズファーマット
fossils735.pdf1.75 MBAdobe PDF見る/開く

このリポジトリに保管されているアイテムは、他に指定されている場合を除き、著作権により保護されています。

 

高知大学学術情報基盤図書館 - ご意見をお寄せください