Kochi University Digital Repository for Academic Resources Kochi University
 

Kochi University Repository >
70  大学院 Graduate School  >
02 くろしお:高知大学黒潮圏研究所 所報  1(1986)-11(2001) >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10126/4547

タイトル: 多次元科学からみたヒトの構成と精神・死後世界
その他のタイトル: THE COMPONENTS OF HUMAN BEING AND THE WORLDS OF MENTAL AND THOSE AFTER DEATH. FROM VIEW POINTS OF MULTI-DlMENSIONAL SCIENCES
著者: 満塩, 大洸
安保, 雄次
Mitusio, Taikou H.
Abo, Yuji
雑誌名: くろしお. 特別号 : 高知大学黒潮圏研究所所報
発行日: 15-Sep-1995
出版者: 高知大学黒潮圏研究所
抄録: From the view ponts of Multi-Dimensional Science, the components of human being were studied as well as the mental world and that after death. The human body is composed by the visible and invisible components, and the former is the 3rd-dimensional physical body, and the latter is usually called spirit and soul, those are more precisely 3.5- to 9th-dimensional body that are called Ether, Astral, Mental, Causal, Buddy, Atoman and Monad by Theosophy. And each comparison on the worlds after death is correlated with many literatures.
注記: 国際研究会議「自然環境自己調整情報の計測」. 1995年9月15日-16日. 高知大学, 高知県. the first International Conference on Measurements of Autonomic Adjusting Information of Natural Environments ( IC MAAINE '95 ). September 15-16, 1995. Kochi University, Japan.
URI: http://hdl.handle.net/10126/4547
出現コレクション:02 くろしお:高知大学黒潮圏研究所 所報  1(1986)-11(2001)

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズファーマット
104mitusio.pdf655.24 kBAdobe PDF見る/開く

このリポジトリに保管されているアイテムは、他に指定されている場合を除き、著作権により保護されています。

 

高知大学学術情報基盤図書館 - ご意見をお寄せください