Kochi University Digital Repository for Academic Resources Kochi University
 

Kochi University Repository >
70  大学院 Graduate School  >
02 くろしお:高知大学黒潮圏研究所 所報  1(1986)-11(2001) >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10126/4537

タイトル: 生体からの極微量フォトン放射 ―バイオフォトンのイメージングと生体光情報検出―
その他のタイトル: Ultraweak Photon Emission from Living States ―Biophoton Imaging and Biophotonic Information Detection―
著者: 稲場, 文男
宇佐, 史
Inaba, Humio
Usa, Masashi
キーワード: Ultraweak biophoton emission
2D image
Photon counting imaging
Biophotonic information
Living states and functions
雑誌名: くろしお. 特別号 : 高知大学黒潮圏研究所所報
発行日: 15-Sep-1995
出版者: 高知大学黒潮圏研究所
抄録: 生体組織や器官,細胞,生体関連物質などの多重階層構造をもつ生体系のさまざまなレベルで広く全般的に検知・観測される,普通肉眼では認知できないくらい極微弱な,すなわち極微量のフォトン放射現象であるバイオフォトン(生物フォトン)発光は,生命現象や生理・代謝機能に密接なかかわりをもつことが近年明らかになってきた. 換言すれば,このような生物界に普遍的な極微弱発光現象は巨視的な秩序を保って組識的に統合されているシステムとしての生物・生体が生きているというありのままの状態のもとに発信し,伝えようとしているフォトンのメッセージ―生体光情報と考えられる. 本稿では,可視域を中心として紫外部から近赤外部にわたって発現するこのような生物フォトン放射の主要な特徴や発生機序および各種の発光特性の高感度計測技術の概要をまとめて述べるとともに,空間的・位置的な新しい生体情報である発光パターンの2次元イメージングの基本的事例について報告する. Biophoton is a new concept representing ultraweak photon emission phenomena closely related to a variety of life processes and biological activities, observable quite generally in nature. Hence these phenomena are considered as a novel source of biological and vital information originating from microscopic and macroscopic systems, such as biomolecular species, cellular organelles, cells, tissues, organs and living systems regardless of differences in biological hierarchy. In an effort to study the essential role of biophoton emission and to clarify its basic mechanisms and information in actual living systems and materials noninvasively, nondestructively and without use of any photosensitizers, we have pursued research and development of highly sensitive technology for detecting, imaging, analyzing and processing the ultraweak biophoton emission, not detectable by the human eye and conventional detection techniques. They include extremely low-noise photon counting systems, computer-based spectral analyzers, two-dimensional photon-counting imaging systems and systems to measure and analyze the optical and quantum statistical properties. This paper reports and discusses recent progress and results of our biophoton emission research with emphasis on their two-dimensional imaging along with summarizing fundarmental characteristics and emission mechanisms of the ultraweak biophoton radiation.
注記: 国際研究会議「自然環境自己調整情報の計測」. 1995年9月15日-16日. 高知大学, 高知県. the first International Conference on Measurements of Autonomic Adjusting Information of Natural Environments ( IC MAAINE '95 ). September 15-16, 1995. Kochi University, Japan.
URI: http://hdl.handle.net/10126/4537
出現コレクション:02 くろしお:高知大学黒潮圏研究所 所報  1(1986)-11(2001)

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズファーマット
25inaba.pdf2 MBAdobe PDF見る/開く

このリポジトリに保管されているアイテムは、他に指定されている場合を除き、著作権により保護されています。

 

高知大学学術情報基盤図書館 - ご意見をお寄せください