Kochi University Digital Repository for Academic Resources Kochi University
 

Kochi University Repository >
70  大学院 Graduate School  >
02 くろしお:高知大学黒潮圏研究所 所報  1(1986)-11(2001) >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10126/4513

タイトル: Oblique subduction and collision: Forearc tectonics of the Kuril arc
著者: Kimura, Gaku
キーワード: Oblique subduction
Forearc tectonics
Collision
Kuril arc
雑誌名: Report of the Institute of the Kuroshio Sphere, Kochi University. Special series = くろしお. 特別号 : 高知大学黒潮圏研究所所報
発行日: 20-Dec-1989
出版者: The Institute of The Kuroshio Sphere, Kochi University
抄録: The tectonics of the southwestern Kuril are a result of the oblique subduction of the Pacific plate at the Kuril Trench. In association with forearc sliver migration caused by the oblique subduction, collision tectonics occur at the leading margin of the sliver and tensional tectonics take place at the tapering margin. As a result of the collision, a deep crustal section of island arc is observed at the leading margin of the forearc sliver. Tectonics of the Kuril arc related to oblique subduction are different from those of the western Sunda arc, where backarc spreading occurs at the leading margin. This difference is due to margin morphology of the oblique subduction zone.
注記: Japanese WESTPAC Symposium. June 6-7, 1989. Ocean Research Institute, University of Tokyo. 西太平洋におけるマイクロプレートテクトニクスと古環境地図に関する研究会. 1989年6月6日-7日. 東京大学海洋研究所.
URI: http://hdl.handle.net/10126/4513
出現コレクション:02 くろしお:高知大学黒潮圏研究所 所報  1(1986)-11(2001)

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズファーマット
037kimura.pdf739.96 kBAdobe PDF見る/開く

このリポジトリに保管されているアイテムは、他に指定されている場合を除き、著作権により保護されています。

 

高知大学学術情報基盤図書館 - ご意見をお寄せください