Kochi University Digital Repository for Academic Resources Kochi University
 

Kochi University Repository >
70  大学院 Graduate School  >
01 黒潮圏科学=Kuroshio Science   1(2007)- >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10126/4413

タイトル: 高知県浦ノ内湾におけるイガイ科二枚貝類3種の繁殖期
その他のタイトル: A comparison of the reproductive seasons of three mytilid species in Uranouchi Inlet, Kochi, Japan
著者: 山田, ちはる
垣尾, 太郎
栗田, 浩成
伊谷, 行
Yamada, Chiharu
Kakio, Taro
Kurita, Hiroshige
Itani, Gyo
キーワード: ヒバリガイモドキ
クジャクガイ
ムラサキインコ
ミドリイガイ
繁殖期
軟体部重量比
肥満度
Hormomya mutabilis
Septifer bilocularis
Septifer virgatus
Perna viridis
reproductive seasons
somatic index
condition index
雑誌名: 黒潮圏科学 = Kuroshio Science
発行日: 26-Feb-2010
出版者: 高知大学大学院総合人間自然科学研究科黒潮圏総合科学専攻黒潮圏科学編集委員会
抄録: 外来種による在来種への影響を検討するにあたり、在来種の生活史や個体群動態等の生態学的知見が必要である。本研究では、高知県浦ノ内湾の岩礁域における在来イガイ類のうち、ヒバリガイモドキHormomya mutabilis、クジャクガイSeptifer bilocularisおよびムラサキインコS. virgatusについて、軟体部重量比(SI)と肥満度(CI)および標準湿重量(SWW)の季節変化から繁殖期を推定した。その結果、これらの繁殖期は夏~初秋であることが示唆され、外来種ミドリイガイPerna viridisの繁殖期と重複することが明らかとなった。特にヒバリガイモドキとクジャクガイについては、先行研究によってミドリイガイとの生息場所をめぐる競合が予想されているが、本研究においては、成貝のみならず新規加入の段階でも競合が起こっている可能性が示唆された。 To determine the effects of non-indigenous species, it is important to describe ecological features (e.g. life history and population dynamics) of native species. The reproductive seasons of three native mytilid species, Hormomya mutabilis, Septifer bilocularis, and S. virgatus, were studied in Uranouchi Inlet, Kochi, Japan. Seasonal fluctuations in the somatic index (SI), condition index (CI), and standard wet weight (SWW) revealed that these mussels spawned from summer to early autumn, which coincided with the spawning season of the nonindigenous mussel Perna viridis. It is suggested that H. mutabilis, S. bilocularis, and P. viridis compete in both adult and recruit phases.
URI: http://hdl.handle.net/10126/4413
出現コレクション:01 黒潮圏科学=Kuroshio Science   1(2007)-

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズファーマット
138yamada.pdf1.1 MBAdobe PDF見る/開く

このリポジトリに保管されているアイテムは、他に指定されている場合を除き、著作権により保護されています。

 

高知大学学術情報基盤図書館 - ご意見をお寄せください