Kochi University Digital Repository for Academic Resources Kochi University
 

Kochi University Repository >
70  大学院 Graduate School  >
01 黒潮圏科学=Kuroshio Science   1(2007)- >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10126/4411

タイトル: 高知県須崎市で夏季(7~9月)にみられた気温変化の特徴 ―分岐した海風の進入―
その他のタイトル: The characteristic temperature change found at Susaki-city, Kochi prefecture in the summer season (from July to September) ―Penetration of "branched sea breeze" ―
著者: 千葉, 修
古味, 賢一
Chiba, Osamu
Komi, Ken-ichi
キーワード: 気温変化
須崎市
分岐した海風
土佐湾海風
Southerly buster
Temperature change
Susaki city
Branched sea breeze
Sea breeze of Tosa Bay
雑誌名: 黒潮圏科学 = Kuroshio Science
発行日: 26-Feb-2010
出版者: 高知大学大学院総合人間自然科学研究科黒潮圏総合科学専攻黒潮圏科学編集委員会
抄録: 土佐湾に面する高知県沿岸部の須崎アメダス地点で夏季(7~9月)の日中の気温変化に珍しい二つ山型の形状がみられた.すなわち,正午頃の気温ギャップを中心として,その前後に気温ピークを持つという特徴を示した.この二つ山型の気温変化はアメダスデータの精度(10分値)を考慮すると1995年からみられ,14年間のアメダス気温データの解析から夏季に約10日/1年の割合で出現している.その出現状況を吟味し,その原因を検討した結果,「分岐した海風」が須崎の南西方向から遅れて進入したことによると考えられる. A new two mountain- type form was found in temperature change of the daytime of a summer (from July to September) at the Susaki AMeDAS point of the Kochi area along the shore facing the Tosa bay. That is, the characteristic of having a temperature peak before and after that centering on the temperature gap at about noon was found. Taking into account the precision of the AMeDAS data (10 min data), this two mountain type temperature change was found from 1995, and has appeared at a rate for about ten days / one year from the analysis of the AMeDAS temperature data for 14 years in the summer. Examining the appearance situation and as a result of considering its cause, it would be due to the "branched" sea breeze which advanced behind in time from southwest area of Susaki.
URI: http://hdl.handle.net/10126/4411
出現コレクション:01 黒潮圏科学=Kuroshio Science   1(2007)-

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズファーマット
124chiba.pdf1.51 MBAdobe PDF見る/開く

このリポジトリに保管されているアイテムは、他に指定されている場合を除き、著作権により保護されています。

 

高知大学学術情報基盤図書館 - ご意見をお寄せください