Kochi University Digital Repository for Academic Resources Kochi University
 

Kochi University Repository >
92  総合研究センター Science Research Center >
01 Bulletin of marine sciences and fisheries, Kochi University (高知大学海洋生物研究報告)  12(1992)-25(2007) >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10126/4401

タイトル: 北海道沿岸海藻類の抗ウイルス活性評価
その他のタイトル: Test for antiviral activity against Epstein-Barr virus and Kaposi sarcoma related herpes virus by seaweeds distrubuted in Hokkaido, Japan
著者: 津田, 正史
岡本, 由美子
嶌田, 智
Tsuda, Masashi
Okamoto, Yumiko
Shimada, Satoshi
キーワード: Epstein-Barr virus
Kaposi sarcoma
herpes virus
Hokkaido
Seaweeds
雑誌名: Bulletin of Marine Sciences and Fisheries, Kochi University
発行日: 30-Mar-2007
出版者: 高知大学海洋生物教育研究センター
抄録: A total of 29 samples of 26 species of marine algae were collected at Hokkaido, Japan, and tested for antiviral activity against Epstein-Barr virus and Kaposi sarcoma related herpes virus. Water-soluble materials of brown algae Sargassum thunbergii (Mertens ex Roth) Kunzte, Dictyosiphon divaricata (Okamura) Okamura, Petalonia zosterifolia (Reinke) Kunzte, red algae Hyalosiphonia caespitosa Okamura, Grateloupia lanceolata (Okamura) Kawaguchi and Gloiopeltis furcata (Postels et Ruprecht) J. Agardh showed moderate antiviral activities.
URI: http://hdl.handle.net/10126/4401
出現コレクション:01 Bulletin of marine sciences and fisheries, Kochi University (高知大学海洋生物研究報告)  12(1992)-25(2007)

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズファーマット
marine25-001.pdf249.4 kBAdobe PDF見る/開く

このリポジトリに保管されているアイテムは、他に指定されている場合を除き、著作権により保護されています。

 

高知大学学術情報基盤図書館 - ご意見をお寄せください