Kochi University Digital Repository for Academic Resources Kochi University
 

Kochi University Repository >
91  総合教育センター General Education Center >
01 高知大学総合教育センター修学・留学生支援部門紀要  1(2005)-5(2011) >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10126/4313

タイトル: [研究論文]ピア・レスポンス的手法で作文はどのように推敲されたか : 中上級学習者のための作文授業の報告
その他のタイトル: [Research Articles]How writing is refined and improved through a peer response method : a report on writing classes for intermediate and advanced level learners
著者: 岩崎, 朱実
Iwasaki, Akemi
キーワード: ピア・レスポンス
作文授業
添削
推敲
作文例
雑誌名: 高知大学総合教育センター修学・留学生支援部門紀要
発行日: Mar-2008
出版者: 高知大学総合教育センター修学・留学生支援部門紀要編集委員会
抄録: 本稿はピア・レスポンス的手法を用いた留学生のための日本語作文授業の実践報告である。ピア・レスポンスの活動は、特に作文の内容的な側面に効果を発揮するという研究報告を手掛かりにして、中級から上級者が混在するクラスで授業を行った。グループの大きさや教師の介入などに関しては緩やかなピア・レスポンス活動の導入であった。しかしながら、受講者は論旨を明確にするために作文全体を整理し直したり、より詳しくあるいは具体的に述べるために文章を付け加えたり、推敲する中で考察を深めたりするなど作文の内容に向上が見られた。
URI: http://hdl.handle.net/10126/4313
出現コレクション:01 高知大学総合教育センター修学・留学生支援部門紀要  1(2005)-5(2011)

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズファーマット
ryugaku02-084.pdf631.33 kBAdobe PDF見る/開く

このリポジトリに保管されているアイテムは、他に指定されている場合を除き、著作権により保護されています。

 

高知大学学術情報基盤図書館 - ご意見をお寄せください