Kochi University Digital Repository for Academic Resources Kochi University
 

Kochi University Repository >
91  総合教育センター General Education Center >
01 高知大学総合教育センター修学・留学生支援部門紀要  1(2005)-5(2011) >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10126/4304

タイトル: <研究論文・研究報告>高知大学における日本語教育 : その特殊性を中心に
その他のタイトル: <Research Articles / Research Reports>Kochi-University and Japanese Education
著者: 奥村, 訓代
Okumura, Kuniyo
キーワード: 日本語教育と留学生教育
学部と留学生センター
独立行政法人化後とポスト10万人計画
高知国際センター
地域コンソーシアム
雑誌名: 高知大学留学生センター紀要
発行日: Apr-2005
出版者: 高知大学留学生センター
抄録: 高知大学の日本語教育のみならず、留学生教育がよりスムーズに、そして何といっても高知大生(留学生および日本人学生双方)にとって、以前にも増してよりメリットのある組織作りと運営が行われる為にも、国内では一番後発の留学生センターであるがゆえに、他大学・他留学生センターの先人たちがなし得なかった新しいタイプの留学生センター構築を目指したいと願っている。また、同時に独立行政法人化後の大学における国際交流の中心としての留学生センター模索を鑑みようとしている。留学生教育とは、留学生の日本語教育はもとより、留学生に係る全ての教育を意味し、また、日本語教育とは外国語としての日本語にとどまらず日本人に対するリメディアル教育としての日本語や異文化適応能力の開発、並びに日本語によるコミュニケーション能力やプレゼンテーション能力開発をも意味している。そのような視点でこの小論が、今後の高知大学の日本語教育や留学生教育再考のきっかけになれば幸いである。
URI: http://hdl.handle.net/10126/4304
出現コレクション:01 高知大学総合教育センター修学・留学生支援部門紀要  1(2005)-5(2011)

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズファーマット
ryugaku01-035.pdf484.41 kBAdobe PDF見る/開く

このリポジトリに保管されているアイテムは、他に指定されている場合を除き、著作権により保護されています。

 

高知大学学術情報基盤図書館 - ご意見をお寄せください