Kochi University Digital Repository for Academic Resources Kochi University
 

Kochi University Repository >
91  総合教育センター General Education Center >
01 高知大学総合教育センター修学・留学生支援部門紀要  1(2005)-5(2011) >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10126/4303

タイトル: <特別寄稿>日本語における文法的複合動詞の統語的特徴
その他のタイトル: <Featured Topic>A Syntactic Study of Grammatical Compound Verbs
著者: 李, 暻洙
Lee, Kyung soo
キーワード: 文法的複合動詞
中間的複合動詞
語彙的複合動詞
テストフレーム
文法的要素
雑誌名: 高知大学留学生センター紀要
発行日: Apr-2005
出版者: 高知大学留学生センター
抄録: 日本語の複合動詞は文法的複合動詞と語彙的複合動詞とに分けられるが、文法的複合動詞と語彙的複合動詞の性質をあわせ持っている中間的複合動詞の存在を認めざるをえない。複合動詞を「統語的複合動詞、語彙的複合動詞、中間的複合動詞」に分けているが、中間的複合動詞を特立した別のカテゴリーではなく統語的性質と語彙的性質が共に含まれているものとしてみなしてい る。大まかに言えば、中間的複合動詞を統語的複合動詞に入れて扱うこともできるということである。文法的複合動詞と語彙的複合動詞を区別するための下位区分として次のような設定基準を立てることができる。すなわち、grammatical component parts 挿入可能(受動、使役)性を基礎にするという基準である。この設定基準は文法的複合動詞と語彙的複合動詞を区別するの に絶対的なものではないものの、複合動詞が文法的あるいは語彙的性質を持っているかを判断するのに極めて有効な手がかりにある。中間的複合動詞の構造は文法的性質と語彙的性質とをあわせ持っており、基本的には二つの動詞の問に文法的要素の挿入が可能なものと不可能なものが存在するのである。中間的複合動詞の中で文法的な性質を持つ複合動詞は本動詞の意味から派生し、抽象化された意味をもっている反面、語彙的に結合した付加的な意味をもったもの、または一つに結合したものであると言える。文法的複合動詞の統語的特徴は文法的要素が挿入可能であり、動詞と動詞の間の結合力の弱いものである。
URI: http://hdl.handle.net/10126/4303
出現コレクション:01 高知大学総合教育センター修学・留学生支援部門紀要  1(2005)-5(2011)

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズファーマット
ryugaku01-021.pdf621.6 kBAdobe PDF見る/開く

このリポジトリに保管されているアイテムは、他に指定されている場合を除き、著作権により保護されています。

 

高知大学学術情報基盤図書館 - ご意見をお寄せください