Kochi University Digital Repository for Academic Resources Kochi University
 

Kochi University Repository >
50  農林海洋科学 Agriculture and Marine Science >
50A 学術論文 Journal Article >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10126/3532

タイトル: Contribution of the polymerization of protein by disulfide bonding to increased gel strength of walleye pollack surimi gel with preheating time
その他のタイトル: スケトウダラすり身の予備加熱に伴うゲル強度の増加に対する SS 結合によるタンパク質高分子化の寄与
著者: Hossain, Mohammed Ismail
Itoh, Yoshiaki
Morioka, Katsuji
Obatake, Atsushi
伊藤, 慶明
森岡, 克司
小畠, 渥
キーワード: disulfide bond
gel formation
myosin heavy chain
suwari
walleye pollack surimi
雑誌名: Fisheries Science
発行日: Aug-2001
出版者: Japanese Society of Fisheries Science
URI: http://hdl.handle.net/10126/3532
出現コレクション:50A 学術論文 Journal Article

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズファーマット
fs674710.pdf350.45 kBAdobe PDF見る/開く

このリポジトリに保管されているアイテムは、他に指定されている場合を除き、著作権により保護されています。

 

高知大学学術情報基盤図書館 - ご意見をお寄せください