Kochi University Digital Repository for Academic Resources Kochi University
 

Kochi University Repository >
40  医学 看護学 Medicine >
01 KMS Research Meeting   7(2008)- >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10126/2888

タイトル: 人獣共通感染症の病原因子である寄生蠕虫類に対する新規薬剤開発の試み 薬剤ターゲットとしてのフォスファーゲンキナーゼの分子生物学的研究
著者: 長瀧, 充
Jarilla, B. R.
Wickramasinghe, S.
徳弘, 慎治
宇田, 幸司
鈴木, 知彦
吾妻, 健
雑誌名: KMS Research Meeting
発行日: Feb-2009
出版者: 高知大学医学部准教授講師会
シリーズ番号/レポート番号: 第8回
URI: http://hdl.handle.net/10126/2888
出現コレクション:01 KMS Research Meeting   7(2008)-

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズファーマット
17pnagataki.pdf114.7 kBAdobe PDF見る/開く

このリポジトリに保管されているアイテムは、他に指定されている場合を除き、著作権により保護されています。

 

高知大学学術情報基盤図書館 - ご意見をお寄せください