Kochi University Digital Repository for Academic Resources Kochi University
 

Kochi University Repository >
00   高知大学 Kochi University >
011-3 高知大学学術研究報告 自然科学編  1(1951)-57(2008) >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10126/2233

タイトル: 南部阿武隈高原,田人深成岩体の迸入と褶曲運動の時間的関係
その他のタイトル: Time Relation between Folding and the Emplacement of the Tabito Plutonic Mass in the Southern Abukuma Plateau.
著者: 梅村,隼夫
Umemura,Hayao
雑誌名: 高知大学学術研究報告 自然科学編
発行日: 31-Mar-1973
出版者: 高知大学
URI: http://hdl.handle.net/10126/2233
出現コレクション:011-3 高知大学学術研究報告 自然科学編  1(1951)-57(2008)

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズファーマット
N021-02.pdf4.12 MBAdobe PDF見る/開く

このリポジトリに保管されているアイテムは、他に指定されている場合を除き、著作権により保護されています。

 

高知大学学術情報基盤図書館 - ご意見をお寄せください