Kochi University Digital Repository for Academic Resources Kochi University
 

Kochi University Repository >
00   高知大学 Kochi University >
011-2 高知大学学術研究報告 社会科学編  17(1969)-54(2005) >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10126/1895

タイトル: E.チーテルマンにおける「真正の欠缺」と「不真正の欠缺」の区別についての一考察(下) 〔近代ドイツ法思想史における法欠缺論の展開の研究〕
その他のタイトル: A Study on the discrimination between “true gap" and "false gap" by E. Zitelmann
著者: 田中,茂樹
Tanaka,Shigeki
雑誌名: 高知大学学術研究報告 社会科学編
発行日: 31-Mar-1969
出版者: 高知大学
URI: http://hdl.handle.net/10126/1895
出現コレクション:011-2 高知大学学術研究報告 社会科学編  17(1969)-54(2005)

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズファーマット
S017-04.pdf2.12 MBAdobe PDF見る/開く

このリポジトリに保管されているアイテムは、他に指定されている場合を除き、著作権により保護されています。

 

高知大学学術情報基盤図書館 - ご意見をお寄せください