Kochi University Digital Repository for Academic Resources Kochi University
 

Kochi University Repository >
00   高知大学 Kochi University >
011-4 高知大学学術研究報告 農学編     17(1969)-57(2008) >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10126/1585

タイトル: レンゲ4倍体の不稔機構に関する研究 Ⅴ.成熟分裂異常と配偶子機能との関係
その他のタイトル: Studies on the mechanism of partial sterility in induced autotetraploids of renge (Astragalus sinicus L.) Ⅴ. Relation between the abnormalities of meiosis and the function of gamates.
著者: 林,喜三郎
Hayashi,Kisaburo
雑誌名: 高知大学学術研究報告 農学編
発行日: 31-Mar-1969
出版者: 高知大学
URI: http://hdl.handle.net/10126/1585
出現コレクション:011-4 高知大学学術研究報告 農学編     17(1969)-57(2008)

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズファーマット
A017-07.pdf632.15 kBAdobe PDF見る/開く

このリポジトリに保管されているアイテムは、他に指定されている場合を除き、著作権により保護されています。

 

高知大学学術情報基盤図書館 - ご意見をお寄せください