Kochi University Digital Repository for Academic Resources Kochi University
 

Kochi University Repository >
91  総合教育センター General Education Center >
01 高知大学総合教育センター修学・留学生支援部門紀要  1(2005)-5(2011) >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10126/1228

タイトル: ダウンステップにみる高知方言のイントネーションの特徴
著者: 永野マドセン, 泰子
キーワード: 高知方言
東京方言
イントネーション
ダウンステップ
アクセント
ピッチピーク
雑誌名: 高知大学総合教育センター修学・留学生支援部門紀要
発行日: Mar-2009
出版者: 高知大学総合教育センター修学・留学生支援部門紀要編集委員会
抄録: 語を句や節といった単位にまとめ、それをひとつのイントネーションの単位として 発話するのは、異なった言語、方言間にひろく認められる現象である。しかし、具体 的なまとめかた、またピッチ領域の使い方などについては言語、方言間で違いが認め られるようである。本稿では、形容詞句、副詞句、およびそれらが埋め込まれた連体 修飾節について、ひとつのイントネーション単位(ダウンステップ)として発話され る傾向および先行アクセントと後続アクセントのピッチピーク値の差を、高知方言と東京方言について実験し比較した。その結果、高知方言ではイントネーション単位が小さくなる傾向がある事、また連続するアクセントのピッチ値の差が東京方言より小さい事がわかった。
URI: http://hdl.handle.net/10126/1228
出現コレクション:01 高知大学総合教育センター修学・留学生支援部門紀要  1(2005)-5(2011)

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズファーマット
083-092.PDF197.34 kBAdobe PDF見る/開く

このリポジトリに保管されているアイテムは、他に指定されている場合を除き、著作権により保護されています。

 

高知大学学術情報基盤図書館 - ご意見をお寄せください