Kochi University Digital Repository for Academic Resources Kochi University
 

Kochi University Repository >
70  大学院 Graduate School  >
01 黒潮圏科学=Kuroshio Science   1(2007)- >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10126/1214

タイトル: 近年の土佐湾海風の変化 −海水温の影響についての考察−
著者: 千葉, 修
Chiba, Osamu
キーワード: 黒潮
海風速度
土佐湾水温
海風進入時刻
海風進入頻度
6時間平均値
Kuroshio
Sea breeze velocity
SST of Tosa Bay
Penetration time of Sea breeze
Penetration Frequency of Sea breeze
6 hours average value of sea breeze day
雑誌名: 黒潮圏科学
発行日: Feb-2009
出版者: 高知大学大学院総合人間自然科学研究科黒潮圏総合科学専攻黒潮圏科学編集委員会
抄録: 黒潮の影響を強く受け高知平野に隣接する土佐湾の水温が,局地風である海風に及ぼす影響を調べるために,ヒートアイランドの影響の小さい高知県の沿岸部の2ヶ所のアメダス地点(安芸,日章)を選んで,2003~2008年の6年間の種々の気象データ解析を行った.これらの近年の結果と土佐湾中央部の海水温データの解析結果と比較し,以下のようなことがわかった. (1) 2003~2007年の海風卓越時(9~15時)の6時間平均値解析から,土佐湾の水温は,1月~4月上旬 の期間に年とともに上昇を示した.また海風進入が確認された日の気温の最大値出現日(つまり,9~15時の6時間平均値の最大値出現日)が年とともに遅れている.さらに土佐湾の水温と気温の最大値出現日がほぼ同時に変化している可能性が示唆される. (2) 2005~2008年の傾向として土佐湾の海面水温が上昇傾向にあるにもかかわらず,むしろ海風進入頻度が増加している
URI: http://hdl.handle.net/10126/1214
出現コレクション:01 黒潮圏科学=Kuroshio Science   1(2007)-

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズファーマット
chibatosawan.pdf871.26 kBAdobe PDF見る/開く

このリポジトリに保管されているアイテムは、他に指定されている場合を除き、著作権により保護されています。

 

高知大学学術情報基盤図書館 - ご意見をお寄せください