Kochi University Digital Repository for Academic Resources Kochi University
 

Kochi University Repository >
00   高知大学 Kochi University >
09E 学内裁量経費成果報告書 >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10126/1206

タイトル: ビニールハウスにおける木質チップボイラの燃焼実験と加温作物への効果: 林地残材の収集・運搬・自然乾燥・チップ化を経てボイラへの供給までの一連の工程に関するシステム分析
著者: 鈴木, 保志
山根, 信三
宮内, 樹代史
キーワード: 加温装置
供給システム
施設園芸
木質バイオマス
林地残材
雑誌名: 平成19年度高知大学農学部学部長裁量経費成果報告書
発行日: 2008
出版者: 高知大学農学部
抄録: 高知県の基幹産業である施設園芸で用いられている加温装置の燃料を化石燃料から木質バイオマスに代替する目的で,木質バイオマス加温装置の実証試験と木質バイオマス供給システムの経費分析を行った。木質ペレットバーナを用いた加温装置は,針葉樹・広葉樹・竹を材料とするペレットで目標燃焼温度を達成することができた。ただし径の細かい竹ペレットでは燃焼温度がやや低く,また竹では残灰量が多いことから何らかの対策は必要と 考えられた。園芸ハウスの加温状況は良好で,ランニングコストは重油を用いた場合よりも十分低いことも確認できた。林地残材の収集からチップ化,自然乾燥を経て園芸ハウス脇のサイロへの供給システムについては,想定した代替案のいずれも熱量換算でA 重油以下の経費となった。木質ペレットのランニングコストは木質チップより高めになるものの加温装置の価格が低いことから,現状では木質ペレット用装置が有利といえる。
URI: http://hdl.handle.net/10126/1206
出現コレクション:09E 学内裁量経費成果報告書

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズファーマット
H19yamane_nougakubu.pdf992.04 kBAdobe PDF見る/開く

このリポジトリに保管されているアイテムは、他に指定されている場合を除き、著作権により保護されています。

 

高知大学学術情報基盤図書館 - ご意見をお寄せください