Kochi University Digital Repository for Academic Resources Kochi University
 

Kochi University Repository >
00   高知大学 Kochi University >
011-3 高知大学学術研究報告 自然科学編  1(1951)-57(2008) >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10126/115

タイトル: カキ2年枝の永久および一時結縛処理が雄花と雌花の花芽形成と翌年の着花に及ぼす影響
その他のタイトル: Effect of Permanent and Temporary Strapping of 2-Year Old Branches on Male and Female Flower Bud Formation and Return Bloom in Japanese Persimmon
著者: 長谷川, 耕二郎
福田, 富幸
北島, 宣
尾形, 凡生
Hasegawa, Kojiro
Fukuta, Tomiyuki
Kitajima, Akira
Ogata, Tuneo
雑誌名: 高知大学学術研究報告 自然科学編
発行日: 31-Dec-2004
出版者: 高知大学
シリーズ番号/レポート番号: 53
URI: http://hdl.handle.net/10126/115
出現コレクション:011-3 高知大学学術研究報告 自然科学編  1(1951)-57(2008)

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズファーマット
KJ00004171947.pdf942.72 kBAdobe PDF見る/開く

このリポジトリに保管されているアイテムは、他に指定されている場合を除き、著作権により保護されています。

 

高知大学学術情報基盤図書館 - ご意見をお寄せください